• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ほしがり村」葉月奏太著

「ううッ、も、もうっ、くううッ」

 奥歯を食い縛るが、未知の快楽に耐えられない。己の股間を見おろせば、美熟女の女将がペニスを根元まで咥えこんでいる。豆球のぼんやりした光のなか、ジュポッ、ジュポッと湿った音を響かせながら執拗に首を振っていた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事