• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人妻恋慕」美野晶著

「ああっ、おかしくなる、あああん、何か来る。お腹から何か来る、ああああ」

 何度ものけぞっていた桜の動きが止まった。

 かわりに腰が小刻みに痙攣し始めている。

 友貴はいよいよ桜の限界が近い…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事