• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「淫術捜査」丘原昇著

「ああっ、イイッ。ああっ、ダメえっ」

 佳乃は大股を開き、揺さぶられるままに身を預ける。恥骨が打ちつけられるたびに、夫の恥毛が勃起した肉芽を擦った。

「ハアッ、ハアッ、ハアッ、ハアッ」

「あ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事