• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ふしだらな終活」庵乃音人著

「もうだめだ! 女将、イク……」

「ああ、星野さあん……あああ。あああああ!」

 ――ビクン、ビクン。

 焼き栗が爆ぜるような電撃が、脳天から洋二を叩き割った。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事