萬田久子をどう見ていた? 沢田亜矢子の「未婚の母」騒動

公開日: 更新日:

ー1989年6月ー

 2011年8月9日に、事実婚の夫・佐々木力氏を亡くした萬田久子。未婚の母として男児を出産したのは1987年だが、これより先の85年に未婚の母になったタレントがいた。沢田亜矢子(62)。だが、公になったのは萬田から2年後の89年。当時、「未婚の母」の萬田の姿が沢田にどう映っていたのか。

 89年6月12日、「スポニチ」に仰天記事が掲載され、芸能界に激震が走った。日本テレビのワイドショー「ルックルックこんにちは」の司会を84年9月まで務めた沢田亜矢子(当時40歳)に、3歳の長女がいるというスクープだ。

 沢田は当時、結婚歴がなく独身。85年4月に渡米し、同年8月17日に現地の病院で女児を極秘出産していたという。

「渡米と彼女の4カ月ほどの活動休止は当時、別の理由によるものと受け止められていた。別の理由とはその直前に写真週刊誌『FRIDAY』に掲載された写真です。11年前、元ボーイフレンドに撮られたニャンニャン写真で、沢田はスキャンダル報道から逃避するため、渡米したとみられていた。ところが、さらにとんでもないスキャンダルが出てきて、もう大騒ぎなんてもんじゃなかった」(元芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  10. 10

    “満身創痍”ジャニーズ限定ユニットTwenty★Twentyの行く末

もっと見る