ジャニーズ帝国と対立…田原俊彦「ビッグ発言」で総スカン

公開日:  更新日:

ー1994年2月ー

 タレントと芸能プロの揉め事は芸能界には付き物。最近では加護亜依が所属事務所と大モメしているが、失言が理由で一時芸能界を追放された田原俊彦(50)も、ジャニーズ事務所との対立がそもそもの原因だった。

 94年2月14日、長女が誕生。所属レコード会社に指示された田原が渋々、出産報告会見を開いた。

「今日はお忙しい中、マスコミ嫌いの田原俊彦のために、こうしてお暇な時間にお集まりいただきありがとうございます。この場に挑むことになり、意に反することもあるのですが、僕のエンジェルちゃんのために頑張ります」と初っぱなから喧嘩腰。仕方なく「可南子」と名付けた紙を披露、「何事も隠密にやりたかったけど、僕みたいにビッグになるとそうもいかないんだよね」と続けた。日頃からオレ様ぶりにむかついていたマスコミは総スカンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る