別れの理由説明なく…若尾文子“ドロ沼離婚騒動”の不可解

公開日: 更新日:

ー1969年8月ー

 ソフトバンクのCMでは犬のカイくんの母親、朝ドラ「おひさま」ではナレーションと主人公の現在を演じて好評の若尾文子(77)。夫で建築家の黒川紀章氏(享年73)がこの世を去って4年になるが、この大物も、かつて泥沼の離婚騒動を経験している。

 黒川氏が亡くなる2日前に、若尾が「私、あまりいい奥さんじゃなかったわね」と言うと、黒川氏は「そんなこと、そんなこと……本当に好きだったんだから」と振り絞るように答えたという。夫婦の最後の会話として話題になったものだが、若尾が40年以上前、バツイチになったことを覚えている人は少ないだろう。

 大映の看板女優だった若尾がNと出会ったのは59年春。ミュンヘンで開かれる映画祭に出席するために渡欧し、最後にパリに立ち寄り、そこでガイドを務めたのがNだった。東大文学部を卒業後、商業デザイナーを目指してパリの美術学校に留学。Nは時々、日本人旅行客を案内して生活費を稼いでいたという。挨拶程度の言葉を交わしただけだったが、ビビッときた若尾は帰国後すぐに手紙を送り、2人の文通が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る