別れの理由説明なく…若尾文子“ドロ沼離婚騒動”の不可解

公開日:  更新日:

ー1969年8月ー

 ソフトバンクのCMでは犬のカイくんの母親、朝ドラ「おひさま」ではナレーションと主人公の現在を演じて好評の若尾文子(77)。夫で建築家の黒川紀章氏(享年73)がこの世を去って4年になるが、この大物も、かつて泥沼の離婚騒動を経験している。

 黒川氏が亡くなる2日前に、若尾が「私、あまりいい奥さんじゃなかったわね」と言うと、黒川氏は「そんなこと、そんなこと……本当に好きだったんだから」と振り絞るように答えたという。夫婦の最後の会話として話題になったものだが、若尾が40年以上前、バツイチになったことを覚えている人は少ないだろう。

 大映の看板女優だった若尾がNと出会ったのは59年春。ミュンヘンで開かれる映画祭に出席するために渡欧し、最後にパリに立ち寄り、そこでガイドを務めたのがNだった。東大文学部を卒業後、商業デザイナーを目指してパリの美術学校に留学。Nは時々、日本人旅行客を案内して生活費を稼いでいたという。挨拶程度の言葉を交わしただけだったが、ビビッときた若尾は帰国後すぐに手紙を送り、2人の文通が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る