別れの理由説明なく…若尾文子“ドロ沼離婚騒動”の不可解

公開日: 更新日:

ー1969年8月ー

 ソフトバンクのCMでは犬のカイくんの母親、朝ドラ「おひさま」ではナレーションと主人公の現在を演じて好評の若尾文子(77)。夫で建築家の黒川紀章氏(享年73)がこの世を去って4年になるが、この大物も、かつて泥沼の離婚騒動を経験している。

 黒川氏が亡くなる2日前に、若尾が「私、あまりいい奥さんじゃなかったわね」と言うと、黒川氏は「そんなこと、そんなこと……本当に好きだったんだから」と振り絞るように答えたという。夫婦の最後の会話として話題になったものだが、若尾が40年以上前、バツイチになったことを覚えている人は少ないだろう。

 大映の看板女優だった若尾がNと出会ったのは59年春。ミュンヘンで開かれる映画祭に出席するために渡欧し、最後にパリに立ち寄り、そこでガイドを務めたのがNだった。東大文学部を卒業後、商業デザイナーを目指してパリの美術学校に留学。Nは時々、日本人旅行客を案内して生活費を稼いでいたという。挨拶程度の言葉を交わしただけだったが、ビビッときた若尾は帰国後すぐに手紙を送り、2人の文通が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る