フジ鹿内社長を怒らせた 前田武彦「共産党バンザイ事件」

公開日: 更新日:

ー1973年6月ー

 2011年8月5日、ひょうひょうとした調子の名司会で人気だった前田武彦が82歳で亡くなった。訃報記事で取り上げられた「バンザイ事件」。マエタケの一生を決定づけた騒動は今太閤の田中内閣が支持を落とし、革新勢力が躍進する政治状況の中で起きた。

 73年6月17日。青森と大阪で行われた参院補選は激戦となった。とりわけ2年前に黒田革新府政が誕生し、前年の総選挙で共産党が衆院の全6選挙区で議席を確保した大阪は、160人の国会議員を前日に送り込む熱の入れよう。インフレ退治に失敗し、国民にソッポを向かれ始めた角栄にとって、議席の死守は最重要課題だった。

 その翌日、生放送の番組終了間際に“事件”は起こった。

 23時ちょっと前。フジテレビの人気歌番組「夜のヒットスタジオ」のエンディングテーマが流れだした時だった。司会の前田武彦が突然、両手を高く上げ「バンザーイ、バンザーイ」と繰り返した。出演者やスタッフ、視聴者は何のことかわからず、キョトン。これが後に大問題となり、3カ月後、前田は番組から降ろされてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  7. 7

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る