「芸能界大麻汚染」でひとり黙秘貫いたジョー山中の“男気”

公開日:  更新日:

ー1977年8月ー

 2010年の春、肺がんを公表し闘病を続けていた歌手のジョー山中(享年64)が11年8月7日、亡くなった。都内の教会で営まれた葬儀には約800人が参列。仲間らは故人の“おとこ気”に思いを馳せた。

 良くも悪くも山中が男を上げることとなった事件は、77年8月10日に起きた。山中が歌う映画「人間の証明」のテーマ曲が発売された当日、長崎県佐世保署に大麻取締法違反容疑で逮捕された。

 この年の夏から秋にかけて、芸能界は空前の大麻汚染にまみれた。山中に続いて井上陽水、内田裕也、研ナオコ、内藤やす子、錦野旦、美川憲一が捕まり、検挙された芸能関係者は70人に達した。

「佐世保コネクションと東京コネクションの2つのルートがあって、佐世保の方は5年前に運送会社の社員から400グラムの大麻を譲り受けた山中がバンドや芸能界の仲間と使用。九州に行けば大麻が吸えると評判になっていた」(元社会部記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る