「芸能界大麻汚染」でひとり黙秘貫いたジョー山中の“男気”

公開日: 更新日:

ー1977年8月ー

 2010年の春、肺がんを公表し闘病を続けていた歌手のジョー山中(享年64)が11年8月7日、亡くなった。都内の教会で営まれた葬儀には約800人が参列。仲間らは故人の“おとこ気”に思いを馳せた。

 良くも悪くも山中が男を上げることとなった事件は、77年8月10日に起きた。山中が歌う映画「人間の証明」のテーマ曲が発売された当日、長崎県佐世保署に大麻取締法違反容疑で逮捕された。

 この年の夏から秋にかけて、芸能界は空前の大麻汚染にまみれた。山中に続いて井上陽水、内田裕也、研ナオコ、内藤やす子、錦野旦、美川憲一が捕まり、検挙された芸能関係者は70人に達した。

「佐世保コネクションと東京コネクションの2つのルートがあって、佐世保の方は5年前に運送会社の社員から400グラムの大麻を譲り受けた山中がバンドや芸能界の仲間と使用。九州に行けば大麻が吸えると評判になっていた」(元社会部記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る