「芸能界大麻汚染」でひとり黙秘貫いたジョー山中の“男気”

公開日: 更新日:

 佐世保ルートで逮捕された大物は結局、山中の他に内田と美川だけだった。警察は山中さえ捕まえれば、あとは芋づる式に検挙できると踏んでいたが、捜査はなかなか思うように進展しない。「捕まった芸能人のほとんどがペラペラしゃべるのに山中だけは頑として口を割ろうとしなかった」(同)からである。

 山中は「大麻400グラムは全部オレひとりで使った」の一点張りで黙秘を通した。警察は夫人まで長崎に呼び泣き落としにかかったが、目にいっぱい涙をため「刑事さん、信じてくれよ」と繰り返すばかりだった。称賛するわけにはいかないが、仲間を守ろうとする姿勢に周囲は心を打たれた。

「大半の容疑者が10日ぐらいで帰されるのに、山中の勾留は75日間にも及んだ」(同)

「ママ~ドゥ・ユウ・リメンバー」と始まる「人間の証明のテーマ」はヒットチャートの1位を記録。そのことを山中は留置場の中で知った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  4. 4

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  5. 5

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  8. 7

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  9. 8

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

もっと見る