「芸能界大麻汚染」でひとり黙秘貫いたジョー山中の“男気”

公開日: 更新日:

 佐世保ルートで逮捕された大物は結局、山中の他に内田と美川だけだった。警察は山中さえ捕まえれば、あとは芋づる式に検挙できると踏んでいたが、捜査はなかなか思うように進展しない。「捕まった芸能人のほとんどがペラペラしゃべるのに山中だけは頑として口を割ろうとしなかった」(同)からである。

 山中は「大麻400グラムは全部オレひとりで使った」の一点張りで黙秘を通した。警察は夫人まで長崎に呼び泣き落としにかかったが、目にいっぱい涙をため「刑事さん、信じてくれよ」と繰り返すばかりだった。称賛するわけにはいかないが、仲間を守ろうとする姿勢に周囲は心を打たれた。

「大半の容疑者が10日ぐらいで帰されるのに、山中の勾留は75日間にも及んだ」(同)

「ママ~ドゥ・ユウ・リメンバー」と始まる「人間の証明のテーマ」はヒットチャートの1位を記録。そのことを山中は留置場の中で知った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る