生放送で「反原発」訴えた 忌野清志郎の電波ジャック事件

公開日: 更新日:

ー1989年10月ー

 1909年5月2日、がん性リンパ管症で死去した忌野清志郎(享年58)。「日本ロック界の至宝」と呼ばれた独特の歌声で核兵器、原発に反対した反骨の男だった。

 86年4月、ソ連チェルノブイリ原発事故が起きて放射能の恐怖が世界を襲った。原発、核への風当たりが強くなり、3年後の89年12月、ゴルバチョフとジョージ・ブッシュが東西冷戦の終結を宣言。長年続いた核戦争の恐怖から解放された瞬間だった。80年代後半は核を取り巻く環境が激変していた時期だ

 そんな89年10月14日の事件である。深夜の音楽番組「ヒットスタジオR&N」(フジテレビ)で清志郎率いるバンド「タイマーズ」は持ち歌「偽善者」を歌う予定だったが、本番で彼らが歌い始めたのはリハーサルとは異なる歌詞「FM東京 腐ったラジオ FM東京 最低のラジオ 何でもかんでも放送禁止さ」と四文字言葉を交えた過激なFM東京批判の曲が2分間生放送された。「電波ジャック」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る