生放送で「反原発」訴えた 忌野清志郎の電波ジャック事件

公開日: 更新日:

 だが、このアルバムはその後、別のレーベルから発売された。皮肉なことに話題性もあってヒットチャート1位を記録。ところが、それでも先の2曲はFM東京では放送禁止とされたのだ。これがタイマーズの「電波ジャック」につながった。

 清志郎は91年のRC活動休止後もソロやいくつものユニットで活躍。06年に喉頭がん手術、09年2月に再入院。惜しまれつつ同年5月に逝った。核戦争の恐怖の中で人類へのラブソングとして反核や反原発を歌った清志郎の曲は今なおYouTubeなどで人気だ。

◇1989年10月 バブルであることが懸念されながら株式市場は大活況。この事件の前日13日の終値が3万5116円02銭。暮れの大納会の3万8915円87銭へと突き進む。23日にはハンガリーが社会主義をやめ、ハンガリー共和国に。ソ連ゴルバチョフ書記長が進めた「ペレストロイカ」に呼応して東欧の自由化が進み、ベルリンの壁崩壊へと続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  7. 7

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る