夫・羽仁進と娘を13歳下の実妹に奪われた左幸子

公開日:  更新日:

ー1977年7月ー

 羽仁進(当時48)と左幸子(同47)が18年間の結婚生活にピリオドを打ち、正式に離婚したのは1977年7月19日のこと。2年前から別居。羽仁は周囲に「お互いの仕事のために別々に住んでいるだけで、即離婚にはつながらない」と説明していたが、修復は不能になっていた。

 だいぶ前から破局説が流れていただけに、離婚を驚く者はいなかった。芸能記者や関係者の間に衝撃が走ったのはそれから4カ月後。11月8日、羽仁は早くも再婚。相手の額村喜美子さんは左の実妹だった。

 左は3男5女の一番上。喜美子さんは7番目で左より13歳下だった。

 美術大学を卒業した喜美子さんが羽仁家に出入りするようになったのは64年2月、羽仁と左の間に一人娘の未央が生まれて間もなく。映画「幕末太陽傳」や「にっぽん昆虫記」の好演でオファーが殺到していた左に代わり、未央の世話をするようになったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る