夫・羽仁進と娘を13歳下の実妹に奪われた左幸子

公開日: 更新日:

ー1977年7月ー

 羽仁進(当時48)と左幸子(同47)が18年間の結婚生活にピリオドを打ち、正式に離婚したのは1977年7月19日のこと。2年前から別居。羽仁は周囲に「お互いの仕事のために別々に住んでいるだけで、即離婚にはつながらない」と説明していたが、修復は不能になっていた。

 だいぶ前から破局説が流れていただけに、離婚を驚く者はいなかった。芸能記者や関係者の間に衝撃が走ったのはそれから4カ月後。11月8日、羽仁は早くも再婚。相手の額村喜美子さんは左の実妹だった。

 左は3男5女の一番上。喜美子さんは7番目で左より13歳下だった。

 美術大学を卒業した喜美子さんが羽仁家に出入りするようになったのは64年2月、羽仁と左の間に一人娘の未央が生まれて間もなく。映画「幕末太陽傳」や「にっぽん昆虫記」の好演でオファーが殺到していた左に代わり、未央の世話をするようになったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る