五社協定で映画界追放 山本富士子“引退寸前”もテレビで復活

公開日: 更新日:

ー1963年3月ー

 1950年、第1回ミス日本に選ばれた山本富士子。53年大映に入社して100本近くの映画に出演したが、63年のフリー宣言をきっかけに映画界からホサれる騒ぎに。原因は悪名高き“五社協定”。マスコミは「日本一の美女を泣かせるな」と非難の声を上げた。

 テレビがまだ普及していなかった50年代の娯楽は映画。年間500本超の映画が製作され、観客動員は延べ10億人に及んだ。

 当時は人気俳優を中心に企画・製作のすべてが進行する“スター・システム”によって作られていた。この手法は俳優への依存度が高いため、引き抜きや移籍は映画会社に大きなダメージを与える。53年、映画会社5社は監督・俳優の引き抜きを禁止する「五社協定」を結び、スターの移動を制限した。

 山本もスターの一員として大映専属で活躍していた。しかし、スター・システムの映画製作では俳優の意思とは無関係に企画が決定、出演させられる。脚本を読んで諾否を決める余地はない。山本は62年の結婚、大映と10年契約が満期となるのをきっかけに独立を決意した。当初大映は「年間主演2本、共演1本、他社出演は自由」という条件で慰留したが、その後方針を変更し、「専属かフリーかの二者択一」を迫った。山本は「契約条件に他社出演が認められながら、実際にはもめるなど“自由”が拘束されてきた」と63年3月26日フリー宣言を行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る