• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五社協定で映画界追放 山本富士子“引退寸前”もテレビで復活

ー1963年3月ー

 1950年、第1回ミス日本に選ばれた山本富士子。53年大映に入社して100本近くの映画に出演したが、63年のフリー宣言をきっかけに映画界からホサれる騒ぎに。原因は悪名高き“五社協定”。マスコミは「日本一の美女を泣かせるな」と非難の声を上げた。

 テレビがまだ普及していなかった50年代の娯楽は映画。年間500本超の映画が製作され、観客動員は延べ10億人に及んだ。

 当時は人気俳優を中心に企画・製作のすべてが進行する“スター・システム”によって作られていた。この手法は俳優への依存度が高いため、引き抜きや移籍は映画会社に大きなダメージを与える。53年、映画会社5社は監督・俳優の引き抜きを禁止する「五社協定」を結び、スターの移動を制限した。

 山本もスターの一員として大映専属で活躍していた。しかし、スター・システムの映画製作では俳優の意思とは無関係に企画が決定、出演させられる。脚本を読んで諾否を決める余地はない。山本は62年の結婚、大映と10年契約が満期となるのをきっかけに独立を決意した。当初大映は「年間主演2本、共演1本、他社出演は自由」という条件で慰留したが、その後方針を変更し、「専属かフリーかの二者択一」を迫った。山本は「契約条件に他社出演が認められながら、実際にはもめるなど“自由”が拘束されてきた」と63年3月26日フリー宣言を行った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る