• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NY留学帰りの八神純子が巻き込まれたヒット曲の“盗作騒動”

ー1980年7月ー

 2011年、10年ぶりに活動を再開したシンガー・ソングライターの八神純子。サンバホイッスルにピアノの弾き語りという独特のスタイルでブレーク、80年7月21日リリースの「パープルタウン」は60万枚を超える大ヒットとなった。

 だが、発売直後に「盗作ではないか」と騒ぎになった。八神は同年4月から54日間、ロサンゼルスにホームステイしている。パープルタウンはアメリカ滞在を経験した八神がニューヨークの街並みをイメージし、帰国直後にリリースしたもの。後半サビの部分は八神のオリジナルだが、前半はレイ・ケネディ「You oughta know by now」(邦題「ロンリーガイ」)のアレンジとメロディーラインの一部をベースに作曲されていた。

 しかし、初回プレスの15万枚は作曲者として八神がクレジットされているのみ、ケネディの名はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る