NY留学帰りの八神純子が巻き込まれたヒット曲の“盗作騒動”

公開日:  更新日:

ー1980年7月ー

 2011年、10年ぶりに活動を再開したシンガー・ソングライターの八神純子。サンバホイッスルにピアノの弾き語りという独特のスタイルでブレーク、80年7月21日リリースの「パープルタウン」は60万枚を超える大ヒットとなった。

 だが、発売直後に「盗作ではないか」と騒ぎになった。八神は同年4月から54日間、ロサンゼルスにホームステイしている。パープルタウンはアメリカ滞在を経験した八神がニューヨークの街並みをイメージし、帰国直後にリリースしたもの。後半サビの部分は八神のオリジナルだが、前半はレイ・ケネディ「You oughta know by now」(邦題「ロンリーガイ」)のアレンジとメロディーラインの一部をベースに作曲されていた。

 しかし、初回プレスの15万枚は作曲者として八神がクレジットされているのみ、ケネディの名はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る