「ぴんからトリオ」解散の1年後に“兄弟”結成の裏事情

公開日: 更新日:

ー1973年6月ー

 リーダーの並木ひろしと、宮史郎・五郎の兄弟の3人で結成したぴんからトリオ。1962年のデビュー以降、歌謡漫才トリオとして10年間の下積み時代を経験し、72年5月発売の「女のみち」が300万枚を超える大ヒットとなった。続く「女のねがい」「女のゆめ」もミリオンセラー。総売り上げは15億円超といわれる。

 しかし、1年後の73年6月には解散、宮兄弟は「ぴんから兄弟」として再出発した。この解散劇をマスコミは「欲と欲の衝突」「金で解散」と金銭問題を書き立てた。

 メンバー対立の原因には二重契約問題に関わる東京と大阪にまたがるプロダクション間の対立があった。ぴんからトリオは「女のみち」発売後ほどなく、大阪のプロダクションと寄席に出るために1年契約したが、そのわずか1カ月後、東京のプロダクションと歌の契約をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る