「ぴんからトリオ」解散の1年後に“兄弟”結成の裏事情

公開日: 更新日:

ー1973年6月ー

 リーダーの並木ひろしと、宮史郎・五郎の兄弟の3人で結成したぴんからトリオ。1962年のデビュー以降、歌謡漫才トリオとして10年間の下積み時代を経験し、72年5月発売の「女のみち」が300万枚を超える大ヒットとなった。続く「女のねがい」「女のゆめ」もミリオンセラー。総売り上げは15億円超といわれる。

 しかし、1年後の73年6月には解散、宮兄弟は「ぴんから兄弟」として再出発した。この解散劇をマスコミは「欲と欲の衝突」「金で解散」と金銭問題を書き立てた。

 メンバー対立の原因には二重契約問題に関わる東京と大阪にまたがるプロダクション間の対立があった。ぴんからトリオは「女のみち」発売後ほどなく、大阪のプロダクションと寄席に出るために1年契約したが、そのわずか1カ月後、東京のプロダクションと歌の契約をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る