「ぴんからトリオ」解散の1年後に“兄弟”結成の裏事情

公開日:  更新日:

ー1973年6月ー

 リーダーの並木ひろしと、宮史郎・五郎の兄弟の3人で結成したぴんからトリオ。1962年のデビュー以降、歌謡漫才トリオとして10年間の下積み時代を経験し、72年5月発売の「女のみち」が300万枚を超える大ヒットとなった。続く「女のねがい」「女のゆめ」もミリオンセラー。総売り上げは15億円超といわれる。

 しかし、1年後の73年6月には解散、宮兄弟は「ぴんから兄弟」として再出発した。この解散劇をマスコミは「欲と欲の衝突」「金で解散」と金銭問題を書き立てた。

 メンバー対立の原因には二重契約問題に関わる東京と大阪にまたがるプロダクション間の対立があった。ぴんからトリオは「女のみち」発売後ほどなく、大阪のプロダクションと寄席に出るために1年契約したが、そのわずか1カ月後、東京のプロダクションと歌の契約をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る