• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぴんからトリオ」解散の1年後に“兄弟”結成の裏事情

ー1973年6月ー

 リーダーの並木ひろしと、宮史郎・五郎の兄弟の3人で結成したぴんからトリオ。1962年のデビュー以降、歌謡漫才トリオとして10年間の下積み時代を経験し、72年5月発売の「女のみち」が300万枚を超える大ヒットとなった。続く「女のねがい」「女のゆめ」もミリオンセラー。総売り上げは15億円超といわれる。

 しかし、1年後の73年6月には解散、宮兄弟は「ぴんから兄弟」として再出発した。この解散劇をマスコミは「欲と欲の衝突」「金で解散」と金銭問題を書き立てた。

 メンバー対立の原因には二重契約問題に関わる東京と大阪にまたがるプロダクション間の対立があった。ぴんからトリオは「女のみち」発売後ほどなく、大阪のプロダクションと寄席に出るために1年契約したが、そのわずか1カ月後、東京のプロダクションと歌の契約をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る