• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性ファン ドラマ収録中にアイスパックでファン“流血事故”

ー2004年1月20日ー

 2004年にフジテレビで放送された木村拓哉(当時31)主演の“月9”ドラマ「プライド」。その収録現場のスケートリンクで、休憩時間に木村拓哉が客席に向けて打ったアイスホッケーのパックがエキストラとして撮影に参加していたファンの顔に当たって、大騒ぎになるという事故があった。

 同年1月20日、横浜市内のスケートリンクでは「プライド」の収録が行われていた。実業団のアイスホッケーチームに題材をとった青春ドラマで、主演のキムタクほか、竹内結子、坂口憲二、佐藤浩市などの豪華な共演陣も話題となり、人気番組となっていた。現場には若い女性を中心としたエキストラが約1400人も集まっていた。

 午後3時ごろ、ドラマの収録が一息つき、休憩時間に入る。キムタクはそのままリンクでパックをスティックで打って、跳ね上げる練習をしていたが、そこにエキストラとして参加した観客席のファンから「こっちに打ち込んで」という声がかかる。キムタクはその声に応えて手で投げて観客席にパックを放る。それを観客のひとりがキャッチし、キムタクとキャッチボールが始まった。パックのやりとりをするたびに歓声が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る