ピーターの原点 偶然が生んだ映画デビューと父との“確執”

公開日:  更新日:

ー1969年9月ー

 中年男性と少年のベッドシーンから始まる衝撃的な映画「薔薇の葬列」が公開されたのは1969年9月13日。監督は前衛的手法で知られる松本俊夫。主演のゲイボーイを演じたのは、同映画でデビューしたピーター(池畑慎之介)である。

 公開時点で17歳、撮影時はまだ16歳。中性的な魅力で注目された少年は同年、「夜と朝のあいだに」で歌手デビューも果たし、日本レコード大賞最優秀新人賞獲得。一躍スターダムにのし上がった。

 映画出演はひょんなことがきっかけだった。家出して上京、六本木のゲイバーで踊っていた。ある時、店のママから誘われ、作家の水上勉のパーティーに顔を出した。そこに来ていた舞台美術家の朝倉摂から見初められ、「今度の映画にピッタリの男の子がいる」と松本監督に伝えられて主役に抜擢された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る