ピーターの原点 偶然が生んだ映画デビューと父との“確執”

公開日:  更新日:

ー1969年9月ー

 中年男性と少年のベッドシーンから始まる衝撃的な映画「薔薇の葬列」が公開されたのは1969年9月13日。監督は前衛的手法で知られる松本俊夫。主演のゲイボーイを演じたのは、同映画でデビューしたピーター(池畑慎之介)である。

 公開時点で17歳、撮影時はまだ16歳。中性的な魅力で注目された少年は同年、「夜と朝のあいだに」で歌手デビューも果たし、日本レコード大賞最優秀新人賞獲得。一躍スターダムにのし上がった。

 映画出演はひょんなことがきっかけだった。家出して上京、六本木のゲイバーで踊っていた。ある時、店のママから誘われ、作家の水上勉のパーティーに顔を出した。そこに来ていた舞台美術家の朝倉摂から見初められ、「今度の映画にピッタリの男の子がいる」と松本監督に伝えられて主役に抜擢された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る