ピーターの原点 偶然が生んだ映画デビューと父との“確執”

公開日: 更新日:

ー1969年9月ー

 中年男性と少年のベッドシーンから始まる衝撃的な映画「薔薇の葬列」が公開されたのは1969年9月13日。監督は前衛的手法で知られる松本俊夫。主演のゲイボーイを演じたのは、同映画でデビューしたピーター(池畑慎之介)である。

 公開時点で17歳、撮影時はまだ16歳。中性的な魅力で注目された少年は同年、「夜と朝のあいだに」で歌手デビューも果たし、日本レコード大賞最優秀新人賞獲得。一躍スターダムにのし上がった。

 映画出演はひょんなことがきっかけだった。家出して上京、六本木のゲイバーで踊っていた。ある時、店のママから誘われ、作家の水上勉のパーティーに顔を出した。そこに来ていた舞台美術家の朝倉摂から見初められ、「今度の映画にピッタリの男の子がいる」と松本監督に伝えられて主役に抜擢された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る