マスコミに“プッツン”のレッテル貼られた 石原真理の言動

公開日: 更新日:

ー1986年9月ー

 1980年の映画「翔んだカップル」で準主役としてデビュー、清純派としての地位を確立した石原真理。83年の連ドラ「ふぞろいの林檎たち」(TBS)シリーズでは破天荒な女性を演じ、人気となったが、3年後、ある番組出演を機にありがたくないレッテルが貼られることになる。

 石原(当時22)は9月22日放送の「さんまのまんま」(フジ)に出演した。部屋に入るなり自分のネックレスを指さし、開口一番、「好きですかこれ」。さんまが「好きですよ」と答えると、「嫌いなら取ろうと思ったんだけど。そうか、まいったな」と石原。するとさんまが「大嫌い」。

 そこで石原が「じゃ取っていいかな。重いの、肩が凝っちゃうから」と言ってネックレスを外し、「ネックレスちゃんが椅子に座りたいというから、いいですか」とさんまに聞いてから椅子に乗せ、「まだ名前がついてないの。(ネックレスは)双子だけど」。番組は石原の独壇場になり、終始、この調子でさんまとの爆笑の会話が30分も続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る