• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マスコミに“プッツン”のレッテル貼られた 石原真理の言動

ー1986年9月ー

 1980年の映画「翔んだカップル」で準主役としてデビュー、清純派としての地位を確立した石原真理。83年の連ドラ「ふぞろいの林檎たち」(TBS)シリーズでは破天荒な女性を演じ、人気となったが、3年後、ある番組出演を機にありがたくないレッテルが貼られることになる。

 石原(当時22)は9月22日放送の「さんまのまんま」(フジ)に出演した。部屋に入るなり自分のネックレスを指さし、開口一番、「好きですかこれ」。さんまが「好きですよ」と答えると、「嫌いなら取ろうと思ったんだけど。そうか、まいったな」と石原。するとさんまが「大嫌い」。

 そこで石原が「じゃ取っていいかな。重いの、肩が凝っちゃうから」と言ってネックレスを外し、「ネックレスちゃんが椅子に座りたいというから、いいですか」とさんまに聞いてから椅子に乗せ、「まだ名前がついてないの。(ネックレスは)双子だけど」。番組は石原の独壇場になり、終始、この調子でさんまとの爆笑の会話が30分も続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る