マスコミに“プッツン”のレッテル貼られた 石原真理の言動

公開日: 更新日:

ー1986年9月ー

 1980年の映画「翔んだカップル」で準主役としてデビュー、清純派としての地位を確立した石原真理。83年の連ドラ「ふぞろいの林檎たち」(TBS)シリーズでは破天荒な女性を演じ、人気となったが、3年後、ある番組出演を機にありがたくないレッテルが貼られることになる。

 石原(当時22)は9月22日放送の「さんまのまんま」(フジ)に出演した。部屋に入るなり自分のネックレスを指さし、開口一番、「好きですかこれ」。さんまが「好きですよ」と答えると、「嫌いなら取ろうと思ったんだけど。そうか、まいったな」と石原。するとさんまが「大嫌い」。

 そこで石原が「じゃ取っていいかな。重いの、肩が凝っちゃうから」と言ってネックレスを外し、「ネックレスちゃんが椅子に座りたいというから、いいですか」とさんまに聞いてから椅子に乗せ、「まだ名前がついてないの。(ネックレスは)双子だけど」。番組は石原の独壇場になり、終始、この調子でさんまとの爆笑の会話が30分も続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    検察もア然…安倍首相「言論テレビ」でついたもう一つの嘘

もっと見る