マスコミに“プッツン”のレッテル貼られた 石原真理の言動

公開日:  更新日:

ー1986年9月ー

 1980年の映画「翔んだカップル」で準主役としてデビュー、清純派としての地位を確立した石原真理。83年の連ドラ「ふぞろいの林檎たち」(TBS)シリーズでは破天荒な女性を演じ、人気となったが、3年後、ある番組出演を機にありがたくないレッテルが貼られることになる。

 石原(当時22)は9月22日放送の「さんまのまんま」(フジ)に出演した。部屋に入るなり自分のネックレスを指さし、開口一番、「好きですかこれ」。さんまが「好きですよ」と答えると、「嫌いなら取ろうと思ったんだけど。そうか、まいったな」と石原。するとさんまが「大嫌い」。

 そこで石原が「じゃ取っていいかな。重いの、肩が凝っちゃうから」と言ってネックレスを外し、「ネックレスちゃんが椅子に座りたいというから、いいですか」とさんまに聞いてから椅子に乗せ、「まだ名前がついてないの。(ネックレスは)双子だけど」。番組は石原の独壇場になり、終始、この調子でさんまとの爆笑の会話が30分も続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る