人気絶頂の酒井法子 野島伸司氏との交際宣言から破局まで

公開日: 更新日:

ー1993年11月ー

 2009年に覚醒剤取締法違反で逮捕された酒井法子。ともに逮捕された元夫と結婚する前は人気脚本家・野島伸司氏と交際しており、このカップルの恋の行方は長きにわたって芸能マスコミの注視の的だった。

 11月4日午後、所属事務所のサンミュージックで8分間の短い記者会見が開かれた。会見したのは当時人気絶頂だったのりピー(当時22)ひとり。その直前、写真週刊誌に野島氏(同30)のマンションに弁当を届ける彼女の姿が報じられ、それを受けた緊急会見だった。

 酒井は帽子を目深にかぶり、終始、笑顔を崩さず明るい表情。「いい交際が続いていますか」と向けられたマイクに「尊敬できる人。胸を張ってお付き合いするにふさわしい方です」ときっぱり答えた。

 当時、酒井は日本で活躍するとともに、香港や台湾でも人気が沸騰していた。一方の野島氏は「101回目のプロポーズ」(91年)、「愛という名のもとに」(92年)、「高校教師」(93年)など担当したドラマが次々とヒット。テレビ界では「視聴率男」の名をほしいままにし、各局が争奪戦を展開するほどの売れっ子だった。30歳の若さにしてギャラも橋田寿賀子ら大御所と肩を並べるトップランク。速筆で書き直しには応じないなど、独特のこだわりの執筆姿勢でも知られていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る