人気絶頂の酒井法子 野島伸司氏との交際宣言から破局まで

公開日:  更新日:

ー1993年11月ー

 2009年に覚醒剤取締法違反で逮捕された酒井法子。ともに逮捕された元夫と結婚する前は人気脚本家・野島伸司氏と交際しており、このカップルの恋の行方は長きにわたって芸能マスコミの注視の的だった。

 11月4日午後、所属事務所のサンミュージックで8分間の短い記者会見が開かれた。会見したのは当時人気絶頂だったのりピー(当時22)ひとり。その直前、写真週刊誌に野島氏(同30)のマンションに弁当を届ける彼女の姿が報じられ、それを受けた緊急会見だった。

 酒井は帽子を目深にかぶり、終始、笑顔を崩さず明るい表情。「いい交際が続いていますか」と向けられたマイクに「尊敬できる人。胸を張ってお付き合いするにふさわしい方です」ときっぱり答えた。

 当時、酒井は日本で活躍するとともに、香港や台湾でも人気が沸騰していた。一方の野島氏は「101回目のプロポーズ」(91年)、「愛という名のもとに」(92年)、「高校教師」(93年)など担当したドラマが次々とヒット。テレビ界では「視聴率男」の名をほしいままにし、各局が争奪戦を展開するほどの売れっ子だった。30歳の若さにしてギャラも橋田寿賀子ら大御所と肩を並べるトップランク。速筆で書き直しには応じないなど、独特のこだわりの執筆姿勢でも知られていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る