滝のセットで…「東方見聞録」撮影中の痛ましい死亡事故

公開日: 更新日:

ー1991年9月ー

 映画「パッチギ!」などの数多くのヒット作で知られ、テレビのワイドショーなどでコメンテーターとして活躍する井筒和幸監督(59)。かつて監督した映画の撮影現場で、エキストラの若手俳優が水死する事故が発生した。

 1991年9月21日、静岡・小山町の川で、翌年5月公開予定の製作費10億円という大作時代劇映画「東方見聞録」の撮影が行われていた。現地には3カ月の期間と3億円をかけて建造された高さ10メートル、幅50メートルの滝のオープンセットが組まれていた。

 この日、撮影が予定されていたのは侍が滝を流されるシーン。これを演じるため、重さ8キロの鎧(よろい)を着けた新人俳優の林健太郎さん(享年21)が川に入ろうと準備する。井筒監督からは「滝の方から入ってくれ」との指示があり、林さんは滝の岩場の高さ1メートルのところから飛び込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る