滝のセットで…「東方見聞録」撮影中の痛ましい死亡事故

公開日: 更新日:

ー1991年9月ー

 映画「パッチギ!」などの数多くのヒット作で知られ、テレビのワイドショーなどでコメンテーターとして活躍する井筒和幸監督(59)。かつて監督した映画の撮影現場で、エキストラの若手俳優が水死する事故が発生した。

 1991年9月21日、静岡・小山町の川で、翌年5月公開予定の製作費10億円という大作時代劇映画「東方見聞録」の撮影が行われていた。現地には3カ月の期間と3億円をかけて建造された高さ10メートル、幅50メートルの滝のオープンセットが組まれていた。

 この日、撮影が予定されていたのは侍が滝を流されるシーン。これを演じるため、重さ8キロの鎧(よろい)を着けた新人俳優の林健太郎さん(享年21)が川に入ろうと準備する。井筒監督からは「滝の方から入ってくれ」との指示があり、林さんは滝の岩場の高さ1メートルのところから飛び込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

もっと見る