石坂浩二 暮れの電撃離婚から“5日後”元日のスピード再婚

公開日: 更新日:

ー2001年1月ー

 俳優業にとどまらず司会者、作家、画家など多方面で才能を発揮する石坂浩二。私生活では1971年に女優の浅丘ルリ子と結婚、まもなく別居するが離婚はせず、長く仮面夫婦状態が続いていた。

 しかし、結婚生活29年目の2000年12月27日、石坂(当時59)は突然離婚を発表。さらにその5日後、21世紀の最初の元日にはスピード再婚。世紀をまたいだスキャンダルに騒然となった。

 離婚会見で石坂は「親孝行のため(84歳の母親と)一緒に住みたいと思っていたが、そこに浅丘を引きずり込むわけにはいかないから」と理由を語った。「離婚は新しい女性が現れたからではない」と女性関係は否定し、あくまでも母親の介護を強調。浅丘(当時60)は「石坂に感謝こそすれ、恨みつらみは一切ありません」と語った。

 ところが、年明けに「石坂が再婚している」という情報が飛び出す。マスコミが再婚相手の名前を取り違える騒ぎも起きた。当初、石坂の再婚相手は元ポルノ女優と伝えられたが、後にその女性は10カ月も前の2月に自殺していたことが判明した。再婚会見は17日に行われ、再婚相手は石坂の劇団で長く働いていた22歳年下の女性と発表された。席上、石坂は終始上機嫌で浅丘から祝福も得ていると語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る