石坂浩二 暮れの電撃離婚から“5日後”元日のスピード再婚

公開日: 更新日:

ー2001年1月ー

 俳優業にとどまらず司会者、作家、画家など多方面で才能を発揮する石坂浩二。私生活では1971年に女優の浅丘ルリ子と結婚、まもなく別居するが離婚はせず、長く仮面夫婦状態が続いていた。

 しかし、結婚生活29年目の2000年12月27日、石坂(当時59)は突然離婚を発表。さらにその5日後、21世紀の最初の元日にはスピード再婚。世紀をまたいだスキャンダルに騒然となった。

 離婚会見で石坂は「親孝行のため(84歳の母親と)一緒に住みたいと思っていたが、そこに浅丘を引きずり込むわけにはいかないから」と理由を語った。「離婚は新しい女性が現れたからではない」と女性関係は否定し、あくまでも母親の介護を強調。浅丘(当時60)は「石坂に感謝こそすれ、恨みつらみは一切ありません」と語った。

 ところが、年明けに「石坂が再婚している」という情報が飛び出す。マスコミが再婚相手の名前を取り違える騒ぎも起きた。当初、石坂の再婚相手は元ポルノ女優と伝えられたが、後にその女性は10カ月も前の2月に自殺していたことが判明した。再婚会見は17日に行われ、再婚相手は石坂の劇団で長く働いていた22歳年下の女性と発表された。席上、石坂は終始上機嫌で浅丘から祝福も得ていると語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る