• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの若村麻由美が…世間を驚かせた“巨漢の教祖”との結婚

ー2004年2月ー

 今月スタートしたNHK朝ドラ「純と愛」でヒロインの相手役の母親を演じ、最近では連ドラ「Wの悲劇」「トッカン 特別国税徴収官」などに立て続けに出演して引っ張りダコの若村麻由美。美貌と演技力には定評があるが、かつて宗教団体の教祖と突然結婚し、世間をアッといわせた。

 2004年2月26日、若村(当時37)が都内のホテルで記者会見を開いた。前年の9月に宗教団体「釈尊会」の代表、小野兼弘氏(当時51)と極秘入籍していることが週刊誌によってスクープされ、それを受けての5カ月遅れの結婚報告会見であった。

 小野氏はスキンヘッドに体重150キロとも180キロともいわれる巨漢。当時、渡辺謙と前妻の離婚裁判が話題になっていたが、「釈尊会」は同夫妻が入信していたと報じられ、裁判でも前妻が小野氏に多額の借金をしていたことが争点になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る