立て続けに“盗難事件”に見舞われた 美川憲一の不運

公開日: 更新日:

ー1991年9月ー

 2012年8月、事務所独立騒動で注目された美川憲一。これまでなぜか度々盗難事件の被害者になっている。最初はパリでバッグを盗まれた一件。今なお芸能界史上最高額といわれている。

 9月18日、テレビ番組のロケで10日間パリに滞在していた美川は、革製品の洋服で有名な高級ブティック「ジャン・クロード・ジトロワ」を訪れた。美川は撮影の邪魔になるハンドバッグを同行していた所属事務所社長に預けた。社長はバッグを足元に置き、店内の椅子に座った。

 本番の撮影が始まる少し前のことだった。ブティックに50絡みの中年の女性、20歳前後の若い女性、さらに男性という取り合わせの裕福そうな身なりの3人の東洋人グループが入ってきた。彼らは美川らを見てほほ笑みかける。美川もその様子を見て、「日本からの観光客ね」とまったく不審を抱かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る