立て続けに“盗難事件”に見舞われた 美川憲一の不運

公開日: 更新日:

ー1991年9月ー

 2012年8月、事務所独立騒動で注目された美川憲一。これまでなぜか度々盗難事件の被害者になっている。最初はパリでバッグを盗まれた一件。今なお芸能界史上最高額といわれている。

 9月18日、テレビ番組のロケで10日間パリに滞在していた美川は、革製品の洋服で有名な高級ブティック「ジャン・クロード・ジトロワ」を訪れた。美川は撮影の邪魔になるハンドバッグを同行していた所属事務所社長に預けた。社長はバッグを足元に置き、店内の椅子に座った。

 本番の撮影が始まる少し前のことだった。ブティックに50絡みの中年の女性、20歳前後の若い女性、さらに男性という取り合わせの裕福そうな身なりの3人の東洋人グループが入ってきた。彼らは美川らを見てほほ笑みかける。美川もその様子を見て、「日本からの観光客ね」とまったく不審を抱かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る