西城秀樹 ディナーショー開催の韓国済州島で脳梗塞を発症

公開日: 更新日:

ー2003年6月ー

 絶唱型の独特の歌唱法と激しいアクションで一時代を築き、72年のデビュー以来、歌謡界をリードしてきた西城秀樹。病魔が襲ったのは2003年、48歳の時。脳梗塞を発症して一時は引退の危機がささやかれた。

 6月21日、韓国・済州島でディナーショーを開いていた西城は終了後「だるい」「ロレツが回らない」と訴えた。ショーの翌日に帰国した西城は成田空港からそのまま都内の大学病院に入院。検査の結果、脳梗塞と判明して10日間入院した。

 済州島入りする数日前から「疲れ気味」「寒けがして声が出ない」と話していた。ホテルに着いても言葉が出ない、左の頬が下がっているなどの症状が出たため、電話で日本の医者に相談したところ、脳梗塞の疑いを告げられた。近くの病院で安静を勧められたが、プロ意識が強い西城は「死んでも仕方ない」と血流をよくする薬を飲んでショーを強行した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る