西城秀樹 ディナーショー開催の韓国済州島で脳梗塞を発症

公開日: 更新日:

ー2003年6月ー

 絶唱型の独特の歌唱法と激しいアクションで一時代を築き、72年のデビュー以来、歌謡界をリードしてきた西城秀樹。病魔が襲ったのは2003年、48歳の時。脳梗塞を発症して一時は引退の危機がささやかれた。

 6月21日、韓国・済州島でディナーショーを開いていた西城は終了後「だるい」「ロレツが回らない」と訴えた。ショーの翌日に帰国した西城は成田空港からそのまま都内の大学病院に入院。検査の結果、脳梗塞と判明して10日間入院した。

 済州島入りする数日前から「疲れ気味」「寒けがして声が出ない」と話していた。ホテルに着いても言葉が出ない、左の頬が下がっているなどの症状が出たため、電話で日本の医者に相談したところ、脳梗塞の疑いを告げられた。近くの病院で安静を勧められたが、プロ意識が強い西城は「死んでも仕方ない」と血流をよくする薬を飲んでショーを強行した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る