西城秀樹 ディナーショー開催の韓国済州島で脳梗塞を発症

公開日: 更新日:

ー2003年6月ー

 絶唱型の独特の歌唱法と激しいアクションで一時代を築き、72年のデビュー以来、歌謡界をリードしてきた西城秀樹。病魔が襲ったのは2003年、48歳の時。脳梗塞を発症して一時は引退の危機がささやかれた。

 6月21日、韓国・済州島でディナーショーを開いていた西城は終了後「だるい」「ロレツが回らない」と訴えた。ショーの翌日に帰国した西城は成田空港からそのまま都内の大学病院に入院。検査の結果、脳梗塞と判明して10日間入院した。

 済州島入りする数日前から「疲れ気味」「寒けがして声が出ない」と話していた。ホテルに着いても言葉が出ない、左の頬が下がっているなどの症状が出たため、電話で日本の医者に相談したところ、脳梗塞の疑いを告げられた。近くの病院で安静を勧められたが、プロ意識が強い西城は「死んでも仕方ない」と血流をよくする薬を飲んでショーを強行した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る