西城秀樹 ディナーショー開催の韓国済州島で脳梗塞を発症

公開日: 更新日:

 その後、NHK朝の連ドラ「つばさ」に出演するなど活躍。しかし、11年12月、脳梗塞を再発する。今回は右の手足に運動障害が出た。長時間立てないため、今年1月末の公演では椅子に座って歌うシーンも。それでも水中運動も取り入れたリハビリで杖をついて歩けるようになり、「闘っている姿を見て元気を出してもらえれば」と語った。

 西城は今月7日、60歳になる3年後をメドに歌手活動の第一線から身を引くと表明して注目された。今後はアートやリハビリ器具の開発などの活動も続ける予定という。

◇2003年6月
 2日、ヨーロッパ初の火星探査機「マーズ・エクスプレス」打ち上げ。6日、「武力攻撃事態法」が成立。戦後はじめての有事法制。同日、盧武鉉韓国大統領が来日、天皇と会見。19日、早大のサークル「スーパーフリー」のメンバー5人が婦女暴行容疑で逮捕される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  4. 4

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  10. 10

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

もっと見る