現場はピリピリ 金子修介監督と撮影で大モメした織田裕二

公開日: 更新日:

ー1993年9月ー

「踊る大捜査線」シリーズで15年にわたって主役を務めた織田裕二。20代では主演映画の監督と大モメする事件があった。

 1993年9月に発売された雑誌「シナリオ」10月号に、金子修介監督(当時38)が「『卒業旅行 ニホンから来ました』演出ノート――にっちもさっちもどうにもブルドッグ」という手記を寄せた。

 これはメガホンを取った当時公開中の映画「卒業旅行 ニホンから来ました」の製作裏話。「この映画に関わった人々に若い俳優ひとりコントロールできなかった僕の非力を、誌面を借りて、お詫びしたい」と締めくくられ、織田(当時25)への批判が骨子だった。

「卒業旅行」は東南アジアの架空の小国を旅行する冴えない大学生が、現地でスターになってしまうコメディー。撮影はほぼ全編タイで行われた。織田と金子監督は91年の映画「就職戦線異状なし」でもコンビを組み、気心が知れていたが、冒頭からつまずく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る