現場はピリピリ 金子修介監督と撮影で大モメした織田裕二

公開日:  更新日:

ー1993年9月ー

「踊る大捜査線」シリーズで15年にわたって主役を務めた織田裕二。20代では主演映画の監督と大モメする事件があった。

 1993年9月に発売された雑誌「シナリオ」10月号に、金子修介監督(当時38)が「『卒業旅行 ニホンから来ました』演出ノート――にっちもさっちもどうにもブルドッグ」という手記を寄せた。

 これはメガホンを取った当時公開中の映画「卒業旅行 ニホンから来ました」の製作裏話。「この映画に関わった人々に若い俳優ひとりコントロールできなかった僕の非力を、誌面を借りて、お詫びしたい」と締めくくられ、織田(当時25)への批判が骨子だった。

「卒業旅行」は東南アジアの架空の小国を旅行する冴えない大学生が、現地でスターになってしまうコメディー。撮影はほぼ全編タイで行われた。織田と金子監督は91年の映画「就職戦線異状なし」でもコンビを組み、気心が知れていたが、冒頭からつまずく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る