異色の選挙戦を展開し参院選に“初当選”した青島幸男

公開日: 更新日:

ー1968年7月ー

 放送作家、作詞家として活躍、ドラマ「意地悪ばあさん」では主役を演じた他、作家としては直木賞を受賞するなどマルチな才能を発揮した青島幸男。1968年には参院選全国区に立候補し、みごとに当選を果たした。マルチタレントの政界転身は話題をさらい、同選挙で初当選した石原慎太郎氏や横山ノックとともに、タレント候補ブームの火付け役となった。

 青島(当時35)は直前まで立候補を極秘にしていた。選挙期間中は候補者のテレビ出演は制限されるため、レギュラー出演していたドラマは体調不良を理由に降板する念の入れよう。本来は6月13日の公示日まで秘密にする予定だったが、1日に行われた立候補者に対する打ち合わせ会に付き人を出席させたことで発覚した。

 青島が政治家を意識したのは立候補の10年近く前、60年安保の頃。当時、番組で政治風刺をやった時に、圧力団体が局に押しかけ、ガラスをメチャメチャに壊す事件が起きた。青島はデモや暴力でしか政治を攻撃できない理由について、批判・修正の場であるはずの参議院が機能せず、二院制の姿が失われたことに原因があると考え、参院を志すようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る