「メモリーグラス」堀江淳 原付き事故で飛び交った死亡説

公開日: 更新日:

―1983年1月―

 “水割りをくださ~い 涙の数だ~け”といえば「メモリーグラス」。1981年、堀江淳のデビュー曲だ。透明感あふれる中性的な声で70万枚のヒットとなったが、堀江は83年の交通事故をキッカケに死亡説が飛び交うようになった。

 1月29日未明、当時22歳の堀江は原付きバイクで帰宅途中、自宅近くの路上で運転を誤ってコンクリート製の電柱に激突した。左足骨折、全治2カ月の重傷で堀江はそのまま40日間入院。病院のベッドでは同じ事務所所属の中森明菜の曲を書くなどの活動を行っていた。

 当時、堀江はコンサート中心の活動でテレビ出演は少なかった。事故の影響は歌手活動にはそれほど大きくなく、83年暮れには第一線から身を引いて、作詞・作曲などの地道な活動がメーンとなっていた。


 しかし、世間は人気者の去就にこだわった。露出が減ったことと事故報道を無理やり結びつけるようになり、死亡説が流れるようになった。いわく、事故を誇張して「トラックにひかれて“水割りをください”と訴えながら亡くなった」というものから「舞台上で“メモリーグラス”を熱唱後に座ったままで亡くなった」といったものまでさまざまなウワサが流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  8. 8

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

もっと見る