• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「メモリーグラス」堀江淳 原付き事故で飛び交った死亡説

―1983年1月―

 “水割りをくださ~い 涙の数だ~け”といえば「メモリーグラス」。1981年、堀江淳のデビュー曲だ。透明感あふれる中性的な声で70万枚のヒットとなったが、堀江は83年の交通事故をキッカケに死亡説が飛び交うようになった。

 1月29日未明、当時22歳の堀江は原付きバイクで帰宅途中、自宅近くの路上で運転を誤ってコンクリート製の電柱に激突した。左足骨折、全治2カ月の重傷で堀江はそのまま40日間入院。病院のベッドでは同じ事務所所属の中森明菜の曲を書くなどの活動を行っていた。

 当時、堀江はコンサート中心の活動でテレビ出演は少なかった。事故の影響は歌手活動にはそれほど大きくなく、83年暮れには第一線から身を引いて、作詞・作曲などの地道な活動がメーンとなっていた。


 しかし、世間は人気者の去就にこだわった。露出が減ったことと事故報道を無理やり結びつけるようになり、死亡説が流れるようになった。いわく、事故を誇張して「トラックにひかれて“水割りをください”と訴えながら亡くなった」というものから「舞台上で“メモリーグラス”を熱唱後に座ったままで亡くなった」といったものまでさまざまなウワサが流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る