“ジミ婚ブーム”の先駆けになった仲村トオルと鷲尾いさ子

公開日: 更新日:

―1995年9月―

 175センチの長身にエキゾチックな顔立ちで、1985年に全日空水着キャンペーンガールとしてメジャーデビューした鷲尾いさ子。サントリー「鉄骨飲料」のCMは社会現象ともいわれるほど人気だった。

 そんな鷲尾が95年9月に、28歳で芸能界きってのプレーボーイ、仲村トオル(当時30)と電撃結婚した。ところが、式はおろか指輪もない超ジミ婚。95年には披露宴を行わない芸能人カップルが他に何組もいて、翌年以降の「ジミ婚ブーム」の火付け役となった。

 2人は92年のNHK大河ドラマ「信長」、TBSドラマ「俺たちルーキーコップ」の共演をきっかけに知り合い、交際が始まった。当時の仲村は5年間、交際していた宮崎ますみとの破局が伝えられた直後だった。仲村は鷲尾との交際を舘ひろしら親しい仲間にも秘密にするなど、徹底して秘密主義を貫いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る