ミリオン連発「フィンガー5」 米国留学で人気低迷、解散へ

公開日: 更新日:

―1975年8月―

 沖縄出身アイドルグループの元祖といえば、フィンガー5。1973年8月リリースの「個人授業」に続き、「恋のダイヤル6700」「学園天国」とミリオンセラーを連発して、一躍、人気者となった。だが、75年8月には一家全員で渡米してしまう。2年で1億3000万円を稼いだといわれた人気グループの“日本脱出作戦”にはさまざまな臆測が乱れ飛んだ。

 渡米計画は所属事務所が75年7月以降のスケジュールを取らなくなったことから発覚した。単なる観光や休暇ではなく永住も視野に入れ、音楽や踊りのレッスンを行うとともに米芸能ユニオンに加盟、仕事があれば仕事を取る計画だった。

 メンバーは長男の玉元一夫(当時19)以下、光男(同17)、正男(同16)と、年少者の晃(同13)、妙子(同12)の5人きょうだい。晃と妙子は義務教育があるため、地方興行を入れにくいなど芸能活動に制約があった。移住は米国の労働規制が緩く、仕事が取りやすいためとの報道も流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る