ミリオン連発「フィンガー5」 米国留学で人気低迷、解散へ

公開日:  更新日:

―1975年8月―

 沖縄出身アイドルグループの元祖といえば、フィンガー5。1973年8月リリースの「個人授業」に続き、「恋のダイヤル6700」「学園天国」とミリオンセラーを連発して、一躍、人気者となった。だが、75年8月には一家全員で渡米してしまう。2年で1億3000万円を稼いだといわれた人気グループの“日本脱出作戦”にはさまざまな臆測が乱れ飛んだ。

 渡米計画は所属事務所が75年7月以降のスケジュールを取らなくなったことから発覚した。単なる観光や休暇ではなく永住も視野に入れ、音楽や踊りのレッスンを行うとともに米芸能ユニオンに加盟、仕事があれば仕事を取る計画だった。

 メンバーは長男の玉元一夫(当時19)以下、光男(同17)、正男(同16)と、年少者の晃(同13)、妙子(同12)の5人きょうだい。晃と妙子は義務教育があるため、地方興行を入れにくいなど芸能活動に制約があった。移住は米国の労働規制が緩く、仕事が取りやすいためとの報道も流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る