ミリオン連発「フィンガー5」 米国留学で人気低迷、解散へ

公開日: 更新日:

―1975年8月―

 沖縄出身アイドルグループの元祖といえば、フィンガー5。1973年8月リリースの「個人授業」に続き、「恋のダイヤル6700」「学園天国」とミリオンセラーを連発して、一躍、人気者となった。だが、75年8月には一家全員で渡米してしまう。2年で1億3000万円を稼いだといわれた人気グループの“日本脱出作戦”にはさまざまな臆測が乱れ飛んだ。

 渡米計画は所属事務所が75年7月以降のスケジュールを取らなくなったことから発覚した。単なる観光や休暇ではなく永住も視野に入れ、音楽や踊りのレッスンを行うとともに米芸能ユニオンに加盟、仕事があれば仕事を取る計画だった。

 メンバーは長男の玉元一夫(当時19)以下、光男(同17)、正男(同16)と、年少者の晃(同13)、妙子(同12)の5人きょうだい。晃と妙子は義務教育があるため、地方興行を入れにくいなど芸能活動に制約があった。移住は米国の労働規制が緩く、仕事が取りやすいためとの報道も流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る