• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミリオン連発「フィンガー5」 米国留学で人気低迷、解散へ

―1975年8月―

 沖縄出身アイドルグループの元祖といえば、フィンガー5。1973年8月リリースの「個人授業」に続き、「恋のダイヤル6700」「学園天国」とミリオンセラーを連発して、一躍、人気者となった。だが、75年8月には一家全員で渡米してしまう。2年で1億3000万円を稼いだといわれた人気グループの“日本脱出作戦”にはさまざまな臆測が乱れ飛んだ。

 渡米計画は所属事務所が75年7月以降のスケジュールを取らなくなったことから発覚した。単なる観光や休暇ではなく永住も視野に入れ、音楽や踊りのレッスンを行うとともに米芸能ユニオンに加盟、仕事があれば仕事を取る計画だった。

 メンバーは長男の玉元一夫(当時19)以下、光男(同17)、正男(同16)と、年少者の晃(同13)、妙子(同12)の5人きょうだい。晃と妙子は義務教育があるため、地方興行を入れにくいなど芸能活動に制約があった。移住は米国の労働規制が緩く、仕事が取りやすいためとの報道も流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る