葛城ユキ バラエティーでの“人間大砲”で胸椎骨折の重傷事故

公開日: 更新日:

―2003年10月―

 パワフルなハスキーボイスが人気を呼び、「ボヘミアン」が大ヒットした葛城ユキ。バラエティー収録中の事故で胸椎骨折の重傷を負い、半年間の活動休止に追い込まれたのは03年のことだ。

 2003年10月2日、葛城ユキ(当時54)はフジテレビとんねるずのみなさんのおかげでした」の収録を行った。出演したのは「人間大砲」。サーカスでも用いられる高さ3.2メートルの大砲を模した装置を使った企画だった。

 出演者は強力なゴム動力で空中を10メートルも飛びながら、ヒット曲のサビを歌い、他の参加者が“誰が歌っているか”を当てるというもの。葛城は中学、高校時代はバレー部に所属、インターハイでも活躍した運動神経の持ち主で、セットを見て企画の内容を把握した上で出演を承諾した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  10. 10

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

もっと見る