葛城ユキ バラエティーでの“人間大砲”で胸椎骨折の重傷事故

公開日:  更新日:

―2003年10月―

 パワフルなハスキーボイスが人気を呼び、「ボヘミアン」が大ヒットした葛城ユキ。バラエティー収録中の事故で胸椎骨折の重傷を負い、半年間の活動休止に追い込まれたのは03年のことだ。

 2003年10月2日、葛城ユキ(当時54)はフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の収録を行った。出演したのは「人間大砲」。サーカスでも用いられる高さ3.2メートルの大砲を模した装置を使った企画だった。

 出演者は強力なゴム動力で空中を10メートルも飛びながら、ヒット曲のサビを歌い、他の参加者が“誰が歌っているか”を当てるというもの。葛城は中学、高校時代はバレー部に所属、インターハイでも活躍した運動神経の持ち主で、セットを見て企画の内容を把握した上で出演を承諾した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る