葛城ユキ バラエティーでの“人間大砲”で胸椎骨折の重傷事故

公開日:  更新日:

―2003年10月―

 パワフルなハスキーボイスが人気を呼び、「ボヘミアン」が大ヒットした葛城ユキ。バラエティー収録中の事故で胸椎骨折の重傷を負い、半年間の活動休止に追い込まれたのは03年のことだ。

 2003年10月2日、葛城ユキ(当時54)はフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の収録を行った。出演したのは「人間大砲」。サーカスでも用いられる高さ3.2メートルの大砲を模した装置を使った企画だった。

 出演者は強力なゴム動力で空中を10メートルも飛びながら、ヒット曲のサビを歌い、他の参加者が“誰が歌っているか”を当てるというもの。葛城は中学、高校時代はバレー部に所属、インターハイでも活躍した運動神経の持ち主で、セットを見て企画の内容を把握した上で出演を承諾した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る