鹿島とも子 オウム真理教に傾倒し娘の拉致容疑で逮捕の過去

公開日:  更新日:

―1995年5月―

 地下鉄サリン事件をはじめ、多くの凶悪事件を起こしたオウム真理教。教団に関わってしまったことで人生を狂わされた人も多い。元日劇ダンシングチームのトップスター、鹿島とも子もそのひとり。

 日劇退団後、タレントとして活動していた鹿島は1982年、31歳の時にスノーモービル練習中、事故を起こし、胸椎損傷の重傷を負う。一時は再起不能とも宣告されたが、整体師の助けで6年後の88年8月、奇跡のカムバックを果たした。

 だが、リハビリを助けた整体師が36歳の若さで急死したことで、死後の世界について考えるようになった鹿島の頭に「本屋に行きなさい」という言葉がひらめいたという。そこで手にした本が麻原彰晃の著書。これがきっかけで89年、鹿島は入信した。

 その後、急速にオウムにのめり込む。93年に夫と離婚、翌94年7月には南青山のオウム東京総本部道場で出家会見を開いた。「俗世間を捨て修行に励み、芸能界を引退します」と宣言。2人の子供のうち9歳の長男を連れ、親子で出家した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る