• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鹿島とも子 オウム真理教に傾倒し娘の拉致容疑で逮捕の過去

―1995年5月―

 地下鉄サリン事件をはじめ、多くの凶悪事件を起こしたオウム真理教。教団に関わってしまったことで人生を狂わされた人も多い。元日劇ダンシングチームのトップスター、鹿島とも子もそのひとり。

 日劇退団後、タレントとして活動していた鹿島は1982年、31歳の時にスノーモービル練習中、事故を起こし、胸椎損傷の重傷を負う。一時は再起不能とも宣告されたが、整体師の助けで6年後の88年8月、奇跡のカムバックを果たした。

 だが、リハビリを助けた整体師が36歳の若さで急死したことで、死後の世界について考えるようになった鹿島の頭に「本屋に行きなさい」という言葉がひらめいたという。そこで手にした本が麻原彰晃の著書。これがきっかけで89年、鹿島は入信した。

 その後、急速にオウムにのめり込む。93年に夫と離婚、翌94年7月には南青山のオウム東京総本部道場で出家会見を開いた。「俗世間を捨て修行に励み、芸能界を引退します」と宣言。2人の子供のうち9歳の長男を連れ、親子で出家した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る