ソロと両立 グループ解散後も再結成繰り返す「かぐや姫」

公開日: 更新日:

―1975年4月―

 南こうせつ、伊勢正三、山田パンダの3人組グループ「かぐや姫」。ミリオンセラーの「神田川」に続いて、「赤ちょうちん」「妹」と次々とヒットを飛ばし、70年代前半のフォーク界をリードしたが、1975年4月に解散する。メンバー3人はそれぞれ独自の道を歩み始めたが、その後も期間限定の再結成が繰り返される一味違った“解散”となった。

 解散のウワサが囁かれ始めたのは74年秋。4畳半3部作の第3弾シングル「妹」のセールスも好調、アルバム「かぐや姫LIVE」も発売と同時に売り上げ1位にチャートインと人気は絶頂。突然の解散報道に「まさか」という声も多かった。

 報道を受けて南は「3年経ってグループの名を上げたら、みんなが独立してそれぞれの道を進もう」というのが第2期(当時)のかぐや姫がスタートした時からの約束事だったとコメント。「その約束の時期がちょうど今になっただけ」と解散を宣言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  8. 8

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

もっと見る