ソロと両立 グループ解散後も再結成繰り返す「かぐや姫」

公開日:  更新日:

―1975年4月―

 南こうせつ、伊勢正三、山田パンダの3人組グループ「かぐや姫」。ミリオンセラーの「神田川」に続いて、「赤ちょうちん」「妹」と次々とヒットを飛ばし、70年代前半のフォーク界をリードしたが、1975年4月に解散する。メンバー3人はそれぞれ独自の道を歩み始めたが、その後も期間限定の再結成が繰り返される一味違った“解散”となった。

 解散のウワサが囁かれ始めたのは74年秋。4畳半3部作の第3弾シングル「妹」のセールスも好調、アルバム「かぐや姫LIVE」も発売と同時に売り上げ1位にチャートインと人気は絶頂。突然の解散報道に「まさか」という声も多かった。

 報道を受けて南は「3年経ってグループの名を上げたら、みんなが独立してそれぞれの道を進もう」というのが第2期(当時)のかぐや姫がスタートした時からの約束事だったとコメント。「その約束の時期がちょうど今になっただけ」と解散を宣言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る