小川知子 恋人のカーレーサー福沢幸雄の激突死で涙の生放送

公開日:  更新日:

―1969年2月―

 2月12日午前11時45分、人気カーレーサーの福沢幸雄がテスト走行中に死亡した(享年25)。その日の静岡県袋井市のヤマハテストコースは快晴で無風。最高のコンディションだった。

 250キロのスピードで直線コースから左カーブに差し掛かる所で、福沢が乗っていたトヨタ7がフラッと揺れた。その直後、クルマは大きく右へ向きを変え、コースを外れた。グリーンベルトに突っ込み、鉄製標識に激突した。頭蓋骨骨折。即死だった。駆けつけた母アクリビさんは変わり果てた息子に抱きつき「サチオを返して」と叫びながら何度も号泣。アクリビさんに抱かれたまま、福沢の遺体は深夜、鎌倉の自宅に戻った。

 翌日、マスコミ各社はこのニュースを大きく報じた。曽祖父は福沢諭吉。仏文学者の父・進太郎氏がパリの日本大使館に勤めていた時、ギリシャ出身のソプラノ歌手アクリビさんと出会い、福沢が生まれた。注目を集めた理由は華麗なる一族ということだけではなかった。福沢の恋人は人気アイドルの小川知子(当時20)。公然の仲だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る