倍賞千恵子 1度目の結婚は「格差」の溝埋められず破局

公開日: 更新日:

―1976年3月―

 1976年3月8日、軽井沢の聖パウロ教会に集まったのはわずか8人。倍賞千恵子(当時34)と婚約者の小宮守(同27、後に小宮健吾に改名)、それぞれの両親、倍賞のマネジャーと付き人である。他の親族やマスコミには一切知らせない極秘結婚式だった。神父の前で新郎新婦がプラチナの指輪を交換し、式は1時間足らずで終わった。

 同年1月27日、倍賞はすでに単独記者会見を開き、新進俳優の小宮との婚約を発表していた。

「その後、まったく音沙汰がなくなり、2人は破局したのではとささやかれていた。それはこちらの勝手な邪推で、交際は順調に続いていたわけですが、マスコミに騒がれて関係が壊れてしまうのを恐れていたのではないでしょうか。倍賞は恋愛でいろいろ失敗していますから」(女性誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る