倍賞千恵子 1度目の結婚は「格差」の溝埋められず破局

公開日:  更新日:

―1976年3月―

 1976年3月8日、軽井沢の聖パウロ教会に集まったのはわずか8人。倍賞千恵子(当時34)と婚約者の小宮守(同27、後に小宮健吾に改名)、それぞれの両親、倍賞のマネジャーと付き人である。他の親族やマスコミには一切知らせない極秘結婚式だった。神父の前で新郎新婦がプラチナの指輪を交換し、式は1時間足らずで終わった。

 同年1月27日、倍賞はすでに単独記者会見を開き、新進俳優の小宮との婚約を発表していた。

「その後、まったく音沙汰がなくなり、2人は破局したのではとささやかれていた。それはこちらの勝手な邪推で、交際は順調に続いていたわけですが、マスコミに騒がれて関係が壊れてしまうのを恐れていたのではないでしょうか。倍賞は恋愛でいろいろ失敗していますから」(女性誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る