• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

倍賞千恵子 1度目の結婚は「格差」の溝埋められず破局

―1976年3月―

 1976年3月8日、軽井沢の聖パウロ教会に集まったのはわずか8人。倍賞千恵子(当時34)と婚約者の小宮守(同27、後に小宮健吾に改名)、それぞれの両親、倍賞のマネジャーと付き人である。他の親族やマスコミには一切知らせない極秘結婚式だった。神父の前で新郎新婦がプラチナの指輪を交換し、式は1時間足らずで終わった。

 同年1月27日、倍賞はすでに単独記者会見を開き、新進俳優の小宮との婚約を発表していた。

「その後、まったく音沙汰がなくなり、2人は破局したのではとささやかれていた。それはこちらの勝手な邪推で、交際は順調に続いていたわけですが、マスコミに騒がれて関係が壊れてしまうのを恐れていたのではないでしょうか。倍賞は恋愛でいろいろ失敗していますから」(女性誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る