倍賞千恵子 1度目の結婚は「格差」の溝埋められず破局

公開日: 更新日:

―1976年3月―

 1976年3月8日、軽井沢の聖パウロ教会に集まったのはわずか8人。倍賞千恵子(当時34)と婚約者の小宮守(同27、後に小宮健吾に改名)、それぞれの両親、倍賞のマネジャーと付き人である。他の親族やマスコミには一切知らせない極秘結婚式だった。神父の前で新郎新婦がプラチナの指輪を交換し、式は1時間足らずで終わった。

 同年1月27日、倍賞はすでに単独記者会見を開き、新進俳優の小宮との婚約を発表していた。

「その後、まったく音沙汰がなくなり、2人は破局したのではとささやかれていた。それはこちらの勝手な邪推で、交際は順調に続いていたわけですが、マスコミに騒がれて関係が壊れてしまうのを恐れていたのではないでしょうか。倍賞は恋愛でいろいろ失敗していますから」(女性誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る