• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元NHKアナ松平定知 タクシー運転手を暴行した“殿”のご乱心

―1991年5月―

 徳川・松平家の末裔(まつえい)で「殿」といわれたNHKアナ、松平定知。1990年6月、主管から一気に特別職局次長へと100人抜きで2階級特進するなど、NHKの顔ともいえるキャスターだった。タクシー運転手を蹴る事件を起こしたのは91年のことだ。

 5月24日深夜。世田谷から渋谷に向かう個人タクシーの中で、松平は備え付けられた運転手個人の自動車電話を勝手に使い始めた。それだけでもヒンシュクものだが、電話は12~13分もつながらず、カチャカチャやり続けたという。見るに見かねた運転手が代わりにかけたところ、電話はつながった。ところが、松平は「出ないや」と言って受話器を一度置き、もう一度かけようとした。

 そこで運転手が「無駄じゃないですか」と言うと、松平の態度が豹変(ひょうへん)した。「オレが電話するのにテメエなんかにとやかく言われる覚えはない」と怒鳴り、革靴を履いた足でいきなり左頬を蹴ったという。運転手が「何をするんですか」と言うと、さらに受話器で頭を殴った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る