元NHKアナ松平定知 タクシー運転手を暴行した“殿”のご乱心

公開日:  更新日:

―1991年5月―

 徳川・松平家の末裔(まつえい)で「殿」といわれたNHKアナ、松平定知。1990年6月、主管から一気に特別職局次長へと100人抜きで2階級特進するなど、NHKの顔ともいえるキャスターだった。タクシー運転手を蹴る事件を起こしたのは91年のことだ。

 5月24日深夜。世田谷から渋谷に向かう個人タクシーの中で、松平は備え付けられた運転手個人の自動車電話を勝手に使い始めた。それだけでもヒンシュクものだが、電話は12~13分もつながらず、カチャカチャやり続けたという。見るに見かねた運転手が代わりにかけたところ、電話はつながった。ところが、松平は「出ないや」と言って受話器を一度置き、もう一度かけようとした。

 そこで運転手が「無駄じゃないですか」と言うと、松平の態度が豹変(ひょうへん)した。「オレが電話するのにテメエなんかにとやかく言われる覚えはない」と怒鳴り、革靴を履いた足でいきなり左頬を蹴ったという。運転手が「何をするんですか」と言うと、さらに受話器で頭を殴った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る