悪夢の19日間 冤罪だった杉浦太陽「恐喝容疑で逮捕」の真相

公開日: 更新日:

 容疑だが、2000年9月に、弟の友人Aが弟の財布から4万円を盗んだことに腹を立て、大阪府守口市で顔などを殴って全治3週間のケガを負わせ、60万円を払うように脅し、逮捕前までに45万円を振り込ませたというものだった。

 手錠と腰縄で、連日の取り調べが始まった。これで「ウルトラマンコスモス」は急きょ打ち切りになった。しかし、何かがおかしい。「調べていくと杉浦の周辺からは『礼儀正しい』『親切』といった評判ばかりで、とても恐喝をするタイプには思えなかった」(芸能記者)

 知人やファンによって「太陽君を守る会」というHPもできた。いろいろな情報が集まるだけでなく、宅麻伸や岩城滉一、梨田昌孝近鉄監督(当時)など著名人もHPの賛同者となり、応援を呼びかける。太平サブローも娘が用水路に落ちた時、その場に居合わせた杉浦に飛び込んで助けてもらったという感謝の言葉とともに嘆願書を書きしたため、公開した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る