悪夢の19日間 冤罪だった杉浦太陽「恐喝容疑で逮捕」の真相

公開日: 更新日:

 事態が変わったのは同27日。告訴状を提出していたAが「告訴はウソだった」という陳述書を提出したのだ。事件が起きたとされる日の杉浦のアリバイも成立した。

 真相だが、Aのケガは別人から受けたもの。Aは親にケガについて問い詰められ、真犯人の名を出すと報復が怖いと思ったため、とっさに「杉浦にやられた」と言ってしまったのだ。杉浦への45万円の振り込みは以前から杉浦や弟の金を盗んでいたAが杉浦に返金を求められ、渋々返していたのだという。

 それがAの親や警察による「杉浦に恐喝された」という話になってしまった。27日夕方には「翌日釈放する」との連絡が弁護士にも入った。事務所側も釈放の発表の準備に入り、テレビも「誤認逮捕」と報じ始める。

 だが、杉浦はさらに5日間勾留される。なぜか守口署だけではなく、大阪府警本部まで取り調べに乗り出したのだ。杉浦とAの取り調べがまた始まった。結局、釈放されたのは7月2日。杉浦は「悪夢の19日間でした」と釈放後、報道陣に語った。

◇2002年6月 3日、中山美穂が作家・辻仁成と結婚。13日、闘病生活を送っていた村田英雄が合併症の肺炎で死去。享年73。15日、室田日出男が肺がんで死去。享年64。24日、東京都千代田区で全国初の歩きたばこ禁止条例が成立。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る