• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

慢性肝炎発病したさだまさし “グレープ解散”もう1つの理由

―1976年4月―

 バイオリンのさだまさしとギターの吉田正美による異色のフォークデュオ「グレープ」。叙情的な詞と心に染みるメロディーで「精霊流し」「無縁坂」などヒットを連発したが、人気絶頂期の1976年4月、さだの体調不良を原因に解散した。しかし、そのまま引退と思われたさだは、わずか半年後にソロで復帰した。

 73年10月のメジャーデビュー以来、3年間で10億円以上を売り上げたグレープだが、さだ(当時23)の体調不良が明らかになる。75年11月、さだは1週間の休暇を取って故郷の長崎に帰った。以前から体の不調を感じていたさだは、帰郷を機に長崎大付属病院で健康診断を受け、慢性肝炎が発見された。医師からは最低6カ月の安静治療が必要との診断が下された。3年前に56キロあったさだの体重は49キロまで落ち、とても過激な仕事に耐えられない状況になっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る