慢性肝炎発病したさだまさし “グレープ解散”もう1つの理由

公開日:  更新日:

―1976年4月―

 バイオリンのさだまさしとギターの吉田正美による異色のフォークデュオ「グレープ」。叙情的な詞と心に染みるメロディーで「精霊流し」「無縁坂」などヒットを連発したが、人気絶頂期の1976年4月、さだの体調不良を原因に解散した。しかし、そのまま引退と思われたさだは、わずか半年後にソロで復帰した。

 73年10月のメジャーデビュー以来、3年間で10億円以上を売り上げたグレープだが、さだ(当時23)の体調不良が明らかになる。75年11月、さだは1週間の休暇を取って故郷の長崎に帰った。以前から体の不調を感じていたさだは、帰郷を機に長崎大付属病院で健康診断を受け、慢性肝炎が発見された。医師からは最低6カ月の安静治療が必要との診断が下された。3年前に56キロあったさだの体重は49キロまで落ち、とても過激な仕事に耐えられない状況になっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る