• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最年長だった荒井注 ドリフ絶頂期に疲労困憊であっさり脱退

―1974年3月―

 3月30日、渋谷公会堂ではいつもの土曜日と同じように「8時だョ!全員集合」の生収録が行われていた。会場を埋め尽くす子供たちの歓声も普段と変わらない。ただひとつ違うのは荒井注(当時45)にとって、ザ・ドリフターズとしての最後の舞台だったということだ。同月11日、ドリフは記者会見を開き、荒井の休業を発表していた。休業といってもカムバックの予定はまったくなく、実質的な脱退だった。

「ディス・イズ・ア・ペン」や「なんだ、バカヤロウ!」のギャグで人気を誇っていた荒井がリーダーのいかりや長介に、「辞めたい」と申し入れたのは前年の6月。その2カ月前に「全員集合」は最高視聴率50.5%を叩き出していた。

「荒井がいかりやに誘われてドリフに参加したのは、東京五輪のあった64年秋。当初はキャバレー回りばかりで、メンバー5人で月25万円という収入だった。そんな苦労を乗り越え、やっとトップの座に上り詰めた途端の脱退表明だっただけに、誰もがいぶかった」(芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る