最年長だった荒井注 ドリフ絶頂期に疲労困憊であっさり脱退

公開日: 更新日:

―1974年3月―

 3月30日、渋谷公会堂ではいつもの土曜日と同じように「8時だョ!全員集合」の生収録が行われていた。会場を埋め尽くす子供たちの歓声も普段と変わらない。ただひとつ違うのは荒井注(当時45)にとって、ザ・ドリフターズとしての最後の舞台だったということだ。同月11日、ドリフは記者会見を開き、荒井の休業を発表していた。休業といってもカムバックの予定はまったくなく、実質的な脱退だった。

「ディス・イズ・ア・ペン」や「なんだ、バカヤロウ!」のギャグで人気を誇っていた荒井がリーダーのいかりや長介に、「辞めたい」と申し入れたのは前年の6月。その2カ月前に「全員集合」は最高視聴率50.5%を叩き出していた。

「荒井がいかりやに誘われてドリフに参加したのは、東京五輪のあった64年秋。当初はキャバレー回りばかりで、メンバー5人で月25万円という収入だった。そんな苦労を乗り越え、やっとトップの座に上り詰めた途端の脱退表明だっただけに、誰もがいぶかった」(芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る