最年長だった荒井注 ドリフ絶頂期に疲労困憊であっさり脱退

公開日: 更新日:

―1974年3月―

 3月30日、渋谷公会堂ではいつもの土曜日と同じように「8時だョ!全員集合」の生収録が行われていた。会場を埋め尽くす子供たちの歓声も普段と変わらない。ただひとつ違うのは荒井注(当時45)にとって、ザ・ドリフターズとしての最後の舞台だったということだ。同月11日、ドリフは記者会見を開き、荒井の休業を発表していた。休業といってもカムバックの予定はまったくなく、実質的な脱退だった。

「ディス・イズ・ア・ペン」や「なんだ、バカヤロウ!」のギャグで人気を誇っていた荒井がリーダーのいかりや長介に、「辞めたい」と申し入れたのは前年の6月。その2カ月前に「全員集合」は最高視聴率50.5%を叩き出していた。

「荒井がいかりやに誘われてドリフに参加したのは、東京五輪のあった64年秋。当初はキャバレー回りばかりで、メンバー5人で月25万円という収入だった。そんな苦労を乗り越え、やっとトップの座に上り詰めた途端の脱退表明だっただけに、誰もがいぶかった」(芸能記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る