一度は引退も…藤圭子から“圭似子”に改名して芸能界復帰

公開日: 更新日:

―1981年7月―

 藤圭子が「歌うことに疲れました。二度と芸能界には戻りません」と引退公演で涙を流し、渡米したのは1979年12月。しかし、81年7月に帰国し、“圭似子”と改名して芸能界復帰を宣言した。

 藤(当時28)が引退を宣言したのは79年10月17日。記者会見で藤は「やめる理由はあくまでも私の内面の問題」と説明して、「まったく歌をやめます。間違ってもカムバックすることはありません」と決意を語った。前川清との離婚スキャンダル以降、人気が下降気味だったとはいえ、年収は5000万円以上。不可解な引退宣言に、阪神の小林繁投手との熱愛、事務所とのトラブルなどさまざまな噂が流れた。

 同年12月、引退公演を終えた藤はハワイ大学留学を経て、ニューヨークへと旅立った。歌手時代に稼いだ銀行預金の金利だけで月に60万円以上の収入があったという藤は、3000万円余りを持って渡米したとされ、ニューヨークで悠々自適の生活を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る