猛反対されながら頬の膨らみを取った宍戸錠

公開日: 更新日:

 この宍戸の俳優人生とともに歩んで来た頬のオルガノーゲン。宍戸は持ち帰ってホルマリン漬けにして大事に保管していたというが、これも今回の火事で燃えてしまったようだ。

◇2001年3月 1日、ニュースキャスター久和ひとみ死去。40歳だった。3日、サッカーくじ「toto」スタート。5日、森内閣不信任案が否決されるも、翌月総辞職。24日、芸予地震が起こる。最大震度は6弱。31日、大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが開園。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  5. 5

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  6. 6

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  7. 7

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  8. 8

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る