好調「ひるおび!」を支える司会・恵俊彰の“薄~い存在感”

公開日: 更新日:

「恵は、『まいう~』で知られる石塚英彦と“ホンジャマカ”を組んでいますが、一緒にレギュラー出演していたのは着ぐるみでハイパーホッケーをする番組ぐらい。コンビ仲の悪さを連想させるし、多くの視聴者は、その原因が恵にあると想像するでしょう。石塚は相撲取りみたいな体形と人懐こい笑顔が売り。実際は分かりませんが、温和な性格に見えますからね。一方の恵は小ざかしいイメージ。画面からは人の良さが伝わってきません。ただ、チマチマとした話はしても、社会に対してモノ申すというところがない。『ひるおび』でも、政治や経済のネタになると、神妙な顔をして『困りましたね~』『どうなるんでしょうか』と専門家に話を振るだけです。決して自分を出さない。要するに何もしてないのです。それがうまくいっている。存在感が薄ければ、嫌われることもありません」(桧山氏)

 良くも悪くもみのもんたと対極にあるMCぶり。自分を消し、当たり障りのない無難なコメントで、のらりくらりと続けている。それが芸人仲間から疎まれた男の処世術なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る