楠田枝里子さんがハマる消しゴム収集 「魅力は“滅びの美学”」

公開日: 更新日:

日本製は世界でもトップレベル

 実際に使ってみて、さらに驚嘆します。私たちは、泣き叫ぶ赤ん坊をむんずとつかまえてゴシゴシと紙の上に押しつけなければなりません。赤ん坊は顔をゆがませ、奇妙な格好で減りながら文字を削り取っていき、そして最後には、洋服だけが残された人形となってしまう……。

 こんな恐ろしいシュールな光景はありません。さすがにゴヤやダリ、ピカソを生んだ国ではありませんか。

 もちろん日本の消しゴムも世界のトップレベル。ユニークな発想の傑作面白消しゴムが続々登場して、私たちを楽しませてくれています。小さな消しゴムに込められた作り手の熱い思いが伝わってきて、思わず顔がほころんでしまうんですよね。

 もうひとつ、消しゴムを見ると“時代”がわかります。

 景気と見事にシンクロしており、景気が良いと経済的な余裕に後押しされ、メーカーさんも工夫を凝らした面白消しゴムを次々に発表してくれるし、企業や各種団体がさまざまなノベルティーを作りますからバリエーションが増えます。低迷期は一般企業もメーカーも厳しいんでしょうね。あまり興味を引く新商品は出てきません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る