ママタレで成功…小倉優子の原動力は「こりん星」時代の葛藤

公開日: 更新日:

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「やっと等身大の自分でいられるとホッとしていると思います。事務所の戦略とはいえ全てをキャラで固めるのは無理がありすぎる。そこで限界だったことを明かしたのは利口です。今はおバカキャラやヤンキーキャラなど、つくりこむより“本当の自分”を出す方が好感度が高い。ゆうこりんはネットをうまく駆使して、昔はアンチだった同性の人たちも取り込むことに成功しました。これから上戸彩や菅野美穂など大物女優の“ベビーブーム”がやってくる。ママタレたちは『CMは女優に譲り、自分たちはイベントやバラエティーの地盤を固めよう』という“すみ分け作戦”の下準備に取りかかっているはずです」

 結婚前からゴルフや株の書籍を出版し、レシピ本もバカ売れしている小倉。「こりん星仕込み」のビジネス戦略はかなりシタタカだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  5. 5

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る