• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フリーになったアナウンサー」 平井理央語る“肩書”への拘り

 元フジテレビアナウンサーの平井理央(32)が先月30日、自身初の著書「楽しく、走る。」(新潮社)を上梓した。昨年、ニューヨークシティーマラソン(NYCM)に初挑戦するに至った経緯からフル完走までの約1年間の軌跡をつづったエッセー。その内容は「ズボラ」を自称する著者だけあって、ものすご~くユルユルだ。

「マラソンというと孤独、ストイック、苦しいといったイメージが強いと思うのですが、今回、NYCMへの参加を決めてからは楽しんで続けられて心地いいという走り方を自分なりに考えて、トレーニングしました。マイルールは『無理しない、ごほうびを作る、だれかと走る』。普段は朝食のパンを買いに行きがてら近所をサクッと走ったり、走った後にカフェでパンケーキやアサイーボウルを食べるのを楽しみに友人と会話しながら走るっていう。この本を通じてマラソンに興味があっても、最初の一歩が踏み出せない初心者はもちろん、ストイックに走っているランナーの方々にもこんな走り方もあるんだと知ってもらえたらうれしいです。“旅ラン”と“友ラン”の掛け合わせって、最っ高に楽しいので!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る