「フリーになったアナウンサー」 平井理央語る“肩書”への拘り

公開日:  更新日:

 元フジテレビアナウンサーの平井理央(32)が先月30日、自身初の著書「楽しく、走る。」(新潮社)を上梓した。昨年、ニューヨークシティーマラソン(NYCM)に初挑戦するに至った経緯からフル完走までの約1年間の軌跡をつづったエッセー。その内容は「ズボラ」を自称する著者だけあって、ものすご~くユルユルだ。

「マラソンというと孤独、ストイック、苦しいといったイメージが強いと思うのですが、今回、NYCMへの参加を決めてからは楽しんで続けられて心地いいという走り方を自分なりに考えて、トレーニングしました。マイルールは『無理しない、ごほうびを作る、だれかと走る』。普段は朝食のパンを買いに行きがてら近所をサクッと走ったり、走った後にカフェでパンケーキやアサイーボウルを食べるのを楽しみに友人と会話しながら走るっていう。この本を通じてマラソンに興味があっても、最初の一歩が踏み出せない初心者はもちろん、ストイックに走っているランナーの方々にもこんな走り方もあるんだと知ってもらえたらうれしいです。“旅ラン”と“友ラン”の掛け合わせって、最っ高に楽しいので!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る