美女7人日替わり制へ 新「クロ現」は国谷イズム継げるか

公開日: 更新日:

「7人の美人キャスターが日替わりで、となると、『クローズアップ現代』とは似て非なるものになるかもしれません。これまでは国谷さんの突っ込んだ物言いや追及姿勢が売りでしたが、新番組はマイルドな報道バラエティーのような雰囲気の番組になりそうです。ただでさえ、『報ステ』の古舘さんや『NEWS23』の岸井さんなど、物言うキャスターがどんどんいなくなっている状況なので、NHKにはぜひ肩ひじ張ってほしかったですね。できるだけ無難に、官邸から睨まれないソフト路線を目指している感じがします。ただ、質より量で勝負している分、“お客さん”はつきやすい。今まで『クロ現』を見なかった人たちも、『日替わりママ』を並べればお目当てのキャスター見たさにチャンネルを合わせる可能性があります。NHKも案外、商売っ気があるなあと。『報ステ』や『NEWS23』など裏番組のライバル店に通っていたオヤジたちが『クロ現』に流れたら、リニューアルオープン大成功でしょう」

 “骨抜き”になって翌朝、ママの顔しか覚えていない、では困るが、新番組は「NHK報道の良心」とまでいわれた国谷の気概と矜持をどこまで引き継げるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  7. 7

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  10. 10

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

もっと見る