病名は脳リンパ腫 療養中の松方弘樹「役者生命」大ピンチ

公開日: 更新日:

 脳腫瘍の疑いで入院していた俳優の松方弘樹(73)の病名が「脳リンパ腫」であることを2日、所属事務所が公表した。

 松方は先月25日、脳に内視鏡を入れる精密検査を受け、その結果、担当医から「脳リンパ腫」の診断を受けたという。脳リンパ腫は脳の中枢神経にできる悪性のリンパ腫で、50代、60代の男性に多く、手足のマヒや感覚障害、失語症など精神障害が出ることもあるという。

 抗がん剤や放射線治療が一般的で、「治療には半年はかかる見込みです」(芸能関係者)。

 松方のそばには事実婚状態にある元女優の山本万里子さん(43)がつきっきりだというが、役者として体調を整えて表舞台に復帰するまでにはかなりの時間を要しそうだ。

 折しも、発売中の週刊新潮では松方が取締役に名を連ねる会社に巨額の“融資詐欺”疑惑が報じられるなど古希を越えて人生の荒波に放り込まれた松方。再び元気にマグロを釣り上げることができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る