日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病名は脳リンパ腫 療養中の松方弘樹「役者生命」大ピンチ

 脳腫瘍の疑いで入院していた俳優の松方弘樹(73)の病名が「脳リンパ腫」であることを2日、所属事務所が公表した。

 松方は先月25日、脳に内視鏡を入れる精密検査を受け、その結果、担当医から「脳リンパ腫」の診断を受けたという。脳リンパ腫は脳の中枢神経にできる悪性のリンパ腫で、50代、60代の男性に多く、手足のマヒや感覚障害、失語症など精神障害が出ることもあるという。

 抗がん剤や放射線治療が一般的で、「治療には半年はかかる見込みです」(芸能関係者)。

 松方のそばには事実婚状態にある元女優の山本万里子さん(43)がつきっきりだというが、役者として体調を整えて表舞台に復帰するまでにはかなりの時間を要しそうだ。

 折しも、発売中の週刊新潮では松方が取締役に名を連ねる会社に巨額の“融資詐欺”疑惑が報じられるなど古希を越えて人生の荒波に放り込まれた松方。再び元気にマグロを釣り上げることができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事