2番手も主役もOK 高畑充希の快進撃を支える“三枚目”路線

公開日: 更新日:

「“ああいう子、自分の周りにもいるよね”と言われるような、親近感のある女優ですね。能年や波瑠は主役しかできないタイプですが、高畑の場合は『2番手もできる主役』。ドラマや映画では、たとえ脇役だったとしても存在感を存分に発揮していました。脇役からヒロインまで段階的に多くの役を演じてきたからこそイメージが固まりにくく、手品のようにさまざまなキャラクターを自然に演出できたのでは。また、万人受けする雰囲気と顔立ちも魅力のひとつ。親しみやすい高畑が『働く女性』という現代に近いテーマで演じれば、視聴者は共感します。高畑が出演する頭痛薬のCMでも、白目をむいて変顔をさらしていますが、ああいう飾らないところが女性に受けるんだと思います」(芸能リポーターの川内天子氏)

 美人の時代はもう終わり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る